イトラコナゾールの通販と副作用のご案内

イトラコナゾールと副作用

白癬菌などの菌を殺す役割を持つイトラコナゾール、使用することで人間の体にも悪影響を及ぼすことがあります。たとえば食欲不振や倦怠感・腹痛・下痢など、これらの副作用が出てきた場合は医師や薬剤師に相談することです。

そして、ごく稀にですがうっ血性心不全・浮腫・呼吸困難・肝障害・黄疸といった重篤な症状が出てくる危険性もあるのです。
たかが水虫の薬と思わず、自身の体の変化に敏感にアンテナを立てておき、何かあればすぐにも服用を止めて医師の診察をといったスピーディーさは必要となります。

明らかに異常として体外に現れないこともあるので、定期的に肝機能の検査も受けるようにしましょう。長期的に使用するほど肝機能障害が現れやすいのですが、何しろ爪水虫など発症していると一年単位で治療を続けざるを得なくなっているのです。

危険性の大きな薬ゆえに、妊娠している方や妊活中の方は使用が禁止されています。
肝障害・肝疾患・腎障害といった病気の既往歴がある方も危険、問診票にその旨は面倒でもきちんと書いておくことです。

その他、何かのお薬を常用することとなればその都度医師に相談してからにしましょう。勝手に自己判断で使用してしまうと、おそろしい副作用が無いとも限らないのです。
副作用が怖いから・治ったように見えるからといって勝手に服用を止めてしまうのもダメ、その都度医師と相談しながら連携のもとに使われる薬です。危険度は高いものの、上手く利用すればしぶとい爪水虫だって治せます。